MEC食の疑問、悩み、体験談のことならMEC食ダイエット情報局!

MEC食に関する疑問・悩みを解説します!MEC食実践者による、MEC食実践者のための情報局。口コミや体験談も追加中!

MEC食のおすすめ朝食メニュー!

f:id:bekaz:20170723053926j:plain

MEC食とは、肉(Meat)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)をメインとした食事にして糖質を減らすことで、健康維持や体質改善、ダイエットをめざす食事法です。

健康のためには1日3食をきちんと摂ることが大切と言われても、朝から肉をガンガン食べられるという方はあまり多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、MEC実践中の朝食について考えていってみたいと思います。

卵を中心にメニューを考える

f:id:bekaz:20170723054047j:plain

 

MEC食を実践している方におすすめの朝食は、卵を中心としたメニューです。

卵であれば元々朝に食べる習慣がある人も多い

と思いますし、なんと言っても安価です。栄養バランスも高い上に料理のバリエーションも多い優秀な食材です。

チーズオムレツであれば、MEC食の卵とチーズを一緒に摂ることができます。たんぱく質がしっかり摂れるハムエッグも良いでしょう。朝起きてから作るのが面倒という方は、寝る前に卵を茹でておいて、朝はゆで卵を食べるだけにすれば、時間もかからず簡単です。

低糖質パンを加えてもOKf:id:bekaz:20170723054057j:plain

朝食に卵やチーズだけでは物足りない、やっぱり炭水化物を摂りたいという方は、低糖質のパンを加えてみてはいかがでしょうか。

最近は糖質制限食が注目されていることもあって、『ローソンのブランパン』を始めとして、『pascoの低糖質イングリッシュマフィン』や『ピアンタの低糖質パンcut and slim』など、糖質を抑えて作られているパンの種類が増えつつあります。小麦ふすま(ブラン)のパンだけでなく、大豆パンや米粉パンなども、一般的なパンより糖質が低いです。

通販以外にスーパーやコンビニなどで購入できるものも増えているので、好みの味を見つけてみるのも楽しいと思いますよ。

できればご飯が食べたいという方は、いつものご飯の半分をこんにゃく米に変えた卵ご飯はいかがでしょうか。好みに合わせて卵ご飯に粉チーズを振るのもおすすめです。

まとめ

MEC食では、1日に肉を200g、卵を3個、チーズを120g摂ると良いとされています。もちろん、朝食だけでこの目安量の卵とチーズを食べる必要はありません。

これまでも朝食を摂っていた方は、朝食のメニュー内容を卵やチーズをメインにするように見直してみると良いでしょう。

また、今まで朝食を食べていなかった方は、まずは簡単な卵中心のメニューを食べるようにして、MEC食とともに朝食を摂る習慣を身に付けるようにしましょう。