MEC食の疑問、悩み、体験談のことならMEC食ダイエット情報局!

MEC食に関する疑問・悩みを解説します!MEC食実践者による、MEC食実践者のための情報局。口コミや体験談も追加中!

MEC食はパレオダイエットとどう違う?

今回は、MEC食と同様に本来人間の身体に合った食事をする、という意味では、スタンスが近く感じるパレオダイエットについて考えてみたいと思います。

パレオダイエットとMEC食の違いを今回はご紹介します。

パレオ・ダイエットとは?

f:id:bekaz:20170811045518j:plain

パレオというのは旧石器時代「パレオリシック」のこと。

原始人や狩猟民族が食べていたものに学び、似たものを食べることで痩せようという方法です。原始時代にすでに存在していたもののみがOKですから、肉や魚・卵・野菜・果物・ナッツなどが中心になります。

まだ農耕が始まる前の時代の狩猟民族の食事ですから、穀物や砂糖もNGです。他にも小麦粉を使った麺類やケーキ、ピザなどの加工食品もNGです。

調理も焼くだけ、ゆでるだけ、など自然に近い状態で食べますし、味付けも最小限。甘露煮なんて論外です。生食のサラダを中心に、肉類でも最低限の調理がベストとされます。

パレオ・ダイエットとMEC食の違い

f:id:bekaz:20170811045524j:plain

一方、MEC食も本来の人体にあった食事は肉食だとして、動物性の食材を中心に食事メニューを組み立てます。

発想が近く感じませんか?

MEC食においては、さらにチーズCheeseも含めて、MEC3種類を食事の中心としてしっかり食べます。MECが主役であって、糖質を含むご飯やパンなどの主食類はどうしても食べたくなったら食べましょうというスタンス

対してパレオダイエットでは、穀物や砂糖こそNGですが、デンプンなどの糖質を含むイモや根菜類はOKでむしろ推奨されます。野菜や果実も同様で、MEC食では積極的には食べない一方、パレオダイエットではしっかりと食べます。

狩猟民族が食べているものであれば、別に動物性であろうが植物性であろうが関係ありません。はるか昔から食べていたものであるから、身体にいいものだろうという発想です。

短絡的に見えて、実は多くの科学的根拠に基いていて、現代も残る一部地域の狩猟民族の健康状態の長年の研究から得た成果でもあります。

一方MEC食は、動物性の食材が必須栄養素の摂る上で効率的なので採用していますが、根本は十分な栄養を誰でも摂れるようにすることが目的です。高価な有機野菜や放牧牛など入手困難なものはあえて外しています。

単純にどちらがいいと判断するのはナンセンス。

万人向けでハードルが低く長続きできそうなのはMEC食。さらに上を目指すならパレオダイエット。というように私は考えています。

まとめ

ダイエット法の中には海外から導入されたものも少なくはありません。パレオダイエットもその一つ。

MEC食は日本の生活や食材の事情を汲み取ったものですが、どちらを試すにしても、自分に合っているか日々体調をチェックしながら進めていって欲しいです。

そして、どちらにしても今の食事を変えてみることが大事です。まずはやれそうな方法からはじめて、少しでも一歩踏み出してみてください。

何も変えなければ、何も変わりません。

むしろ、年月とともに衰えていきます。日々改善していきたいですね。