MEC食の疑問、悩み、体験談のことならMEC食ダイエット情報局!

MEC食に関する疑問・悩みを解説します!MEC食実践者による、MEC食実践者のための情報局。口コミや体験談も追加中!

MEC食(糖質制限)やってみたけど効果がなかった場合の見直しポイント

MEC食で糖質制限を実践してみたけどなかなか効果がなかったときにチェックすべきは、食べ方と分量。見直しのポイントを紹介します。

また、たんぱく質がずっと不足していた場合は、筋肉量が変化しているかもしれません。

基本に忠実に実践できていますか

f:id:bekaz:20170724035607j:plain

MEC食(糖質制限)を実際に、やってみて効果が出ないというときには、やるべき基本的な事をやっていなかったという可能性があります。ただ、メニューに気をつければ良いというものではなく、しっかり食べることが大切です。

早食いは糖尿病や肥満になる要因であるということから、一口食べるごとに、30回噛む事を心がけるようにします。しっかり噛むことで、味覚から必要な栄養が摂取できているか脳が判断し、適切な食事量が自然に身につくようになるからです。食事の仕方を自分自身で観察してみてください。

それから、肉、卵、チーズにはそれぞれ摂取するべき量がベース量として、明示されています。肉200g、卵3個、チーズ120gはきちんと覚えておき、まずこの量が確実にクリアできているか見直ししてみてください。

ただし、ベース量はあくまでも最低限の量を示したものです。肉、卵、チーズの3つに関しては、もの足りないようであれば足してOKです。

逆に、肉、卵、チーズの3つ以外の食材は要見直しのポイントです。糖質は控えることができていますか?

ご飯やパンだけでなく、野菜であってもじゃがいもやごぼうなども糖質。これら糖質が1食あたり20gを超えているようであれば、一度20g以下にして様子をみてください。それで効果があれば、糖質の摂り過ぎが効果減の原因かもしれません。

ご飯を全体的に半量にするのはほとんど意味がありません。それであれば、1日1食でも糖質が20g以下の食事回を作る方が効果が期待できます。糖質に関しては自己流で「少なめ」などと調節せず、「糖質が20g以下」という数字を頼りにしましょう。

血糖値が上がらない食事回を増やすことが、脂肪燃焼主体の身体に生まれ変わるポイントだと私は考えています。

筋肉量が増えている場合も

f:id:bekaz:20170724040048j:plain

健康的な体型になっているにも関わらず、体重計に乗っても痩せないというのであれば、実は糖質制限の効果が出ている可能性があります。脂肪よりも重い筋肉が増えていくと、体型変化が出来たけれども、体重が増えてしまうのです

しかし、筋肉が増えるということは、運動をした時の代謝量や生命活動で消費する基礎代謝量が増えていくことにつながります。余計な脂肪がこれ以上つかないような体質に変わりつつあるわけです

水着や薄着になったときでも恥ずかしくない、健康的な体型を維持したいと思うのであれば、重くなってしまうとしてもそのまま糖質制限を続けていく方がよいでしょう。ダイエットの目的は、体型の改善(見た目)であって体重の数字そのものではないはず。

健康的に痩せていれば、糖尿病といった病気の予防にも繋がりますから、多くのメリットを受けることが出来ます。

筋肉量が計測できる体重計を導入して、その数値の変化も合わせて記録していくと良いでしょう。

まとめ

f:id:bekaz:20170724040105j:plain

MEC食(糖質制限)はただ糖質を取らないだけで痩せるわけではありません。

早食いにならないように食べるペースを調整したり、栄養不足にならないようよく考えてメニューを用意しなければいけません。そうして効果が出てくれば、脂肪が減って筋肉は増えて、代謝が良くなって痩せることが出来ます。

ただし、筋肉は重いので、体型は痩せることが出来ても、体重は逆に重くなってしまいます。リバウンドしにくく、健康的な体型を維持したいのであれば、そのまま糖質制限を続けていくことが最善です。